カードローンの解約

カードローンは持っておいて損のないものですが、これを解約したいと思った時はどうすればいいのでしょう。
このサイトでは、カードローンの解約について解説していきます。

解約の方法は金融業者に解約したい旨を伝えて書類に必要事項を記入して提出すればいいだけです。
借りることをやめるというだけの話ですから、違約金などは当然発生しませんし、解約に対する理由を問われることはありません。
全く使っていないクレジットカードを持っているのならば、落としたり盗難されるような危険性を避ける意味でも解約してしまった方が賢明かもしれません。
カードローンを解約したからとって何らかの不都合が起こるようなこともありません。
いちいち不都合が起こるのならば、恐ろしくてカードローンの契約はできないですよね。

カードローンを解約することにより起こる不都合を強いて言えば、カードを再び使うことができなくなることと、再審査に時間がかかってしまうことくらいでしょう。
解約するとカードは使えなくなるのが当たり前のことですし、審査に時間がかかるのもまた当たり前のことです。
カードローンを解約した後、急にお金が必要になった時には不都合を感じることはあるかもしれませんが、緊急の事態があるかもしれないと感じるようならば解約せずに持っておいた方がいいでしょう。
あくまでもお金を借りるわけで、自分のお金というわけではありませんから、解約しない場合には使い過ぎにだけは注意したいところです。

Copyright © 2014 カードローンの解約方法とは? All Rights Reserved.